脳科学コラム

子どもを急かす生活とサヨナラ~時間の感覚を身につける~

子どもを急かす生活とサヨナラ~時間の感覚を身につける~

「早く片付けて」「そろそろ寝なさい」「もう少し待って」…。日常生活でよく使う言葉です。けれど、こういったあやふやな時間を表す言葉を、子どもは理解できません。子どもは時間の感覚が未成熟で、時間の流れをつかむ感覚がついてくるのは7歳ころからなのです。子どもは言うことを聞かず、周囲の大人はイライラする…。では、どうしたら時間の感覚を身につけさせられるのでしょうか?

時間配分を考えるのは「ワーキングメモリー」、段取りをするのは「前頭前野」です。まずは、時間の基本単位である「1分」の長さを、肌感覚で分かるようにさせましょう。例えば「タイマー遊び」。時計の秒針が1回転するまで、息の続く限り「アーーー」と声を出します。大人とどちらが長く息が続くか、競うのも楽しいです。この遊びは、まだ片言しか話せない子どもでもできます。ほかにも、カップラーメンを作る際には、3分待つ間に子どもたちをどこかに行かせ、3分経ったら戻ってきてもらう遊びもいいでしょう。

1分間の長さがわかってきたら、「早く」は1分、「そろそろ」「もう少し」は3分というように、時間は具体的な数値ではっきりと伝えることが大事です。また、「3時だからおやつの時間ね」「5分でお片付けしてね」など、時計を見ながら話し、時間を決めて語りかけると、子どもが時計の見方に気づき、時間の長さを知るきっかけとなります。

数は抽象名詞で、具体的な形を持つ普通名詞とは異なります。計算ができるようになれば、時間の理解は早いですから、そろばんや計算機をおもちゃに加えるのもよいでしょう。

7歳くらいまでの子どもは、「今」がすべてです。今を全力で楽しむことを応援しつつ、時間の感覚を早期に身につけて、段取り上手で賢い子どもに育てたいものです。

くぼたのうけん顧問

久保田 競 (くぼた きそう)

1932年大阪生まれ。京都大学名誉教授、医学博士、脳科学者。東京大学医学部・同大大学院卒業。京都大教授、同研究所所長を歴任。2011年春、瑞宝中綬章を受賞。40年以上前から赤ちゃん育脳の意義を唱え続け、妻カヨ子氏とともに久保田式育児法を考案。「脳の発達に応じた教育」をいち早く提案している。

くぼたのうけん顧問 久保田 競(くぼた きそう)

ご相談窓口はこちら

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

044-246-5211

受付時間:月曜日~金曜日
10:00~17:00

ご相談窓口はこちら

閉じる