ヘルスケアコラム

食事対策③夕食編

学校や塾から帰宅した後の夕食は、どうしても遅くになりがち。遅めの夕食のポイントは、 エネルギーのコントロールです。肉や油を使った料理をお腹いっぱい食べてしまうと、翌朝の胃もたれの原因になり、結果朝食を抜くという悪循環になってしまいます。夕食に食べるのは、翌朝に残らないよう、低エネルギーで消化がよく、なおかつ満腹感のあるものがよいでしょう。

日中たくさん使った頭を休めるには、ストレスに対抗するホルモンを作るビタミンC(フルーツやいも、野菜)や、疲労回復に効果のあるたんぱく質(乳製品、大豆製品、卵)を摂るようにします。主食は消化のよいおかゆやおじや、うどんがおすすめです。温かい料理は心を落ち着かせ、心地よい睡眠を促す効果もあります。

 

「城南医志塾」顧問医師
医師・医学博士・経営学修士(MD・Ph.D・MBA)

裵 英洙 (はい えいしゅ)

1972年奈良県生まれ。かつては外科医として胸部手術を中心とした診療に従事。現在は「ハイズ株式会社」代表取締役として勤務する傍ら、臨床医として医療現場に携わる。著書に「なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか」「医療職が部下を持ったら読む本」など多数。

「城南医志塾」顧問医師 医師・医学博士・経営学修士(MD・Ph.D・MBA) 裵 英洙 (はい えいしゅ)

資料請求はこちら

ご相談窓口はこちら

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

044-246-5211

受付時間:月曜日~金曜日
10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

ご相談窓口はこちら

閉じる